及川 雄輝

記事一覧(17)

Sprint Camp - DASH新潟 - in DPプール

10月6日〜8日まで、DASH新潟山崎コーチが主催するSprint Campに参加させていただきました。今回はJSCA全国ブロック対抗水泳競技大会に出場している選手もいるため、淀川泰誠(体育科2年/ 花巻SF)吉田真希(体育科2年/ 盛岡SS)菊池采花(普通科1年/ 花巻SF)の3名が参加しました。地方で強豪校になるためには?ということをいつも考えながらトレーニングの計画を組むわけですが。当然地方の強豪チームというのは気になるわけです。そんな中でもDASH新潟さんは、インター突破選手やパンパシ、ジュニパン経験者が在籍しており、日本選手権でもJOでもいつも強い存在感を放っているチームでした!地方でこれだけ社会人選手が所属しているスイミングって、他に例がないような気がします。顧問の及川は6月にスイミングの練習を見学させていただいたのですが、目的の明確さや無駄のなさ、なによりも陸で作った体や動きを水中での動作に繋げることができていることに惚れ惚れしていました。今回は様々な縁があり、そのようなチームの合宿に参加させていただくことができ、我々としては本当に楽しみな合宿でした。DASH新潟さん所属の選手に加え、新潟を拠点にしている堤くんと瀬倉さん、ルスツリゾートの甲斐くん、慶応高校の深沢くんとコーチの今井くんも参加しており、ハイレベルな合宿となりました!段違いに競技力が低いことに加えて人見知りな3名がうまくやっていけるのか、不安なところもありましたが、彼等なりにできるだけ多くのことを学ぼうと必死だったようです。他チームの選手方は本当に親切で、盛南の選手達の質問に丁寧に丁寧に説明してくれていました。大坂くんのドライランドはほぼ門下生状態でしたね。笑盛南の3名はこの合宿で取り組んだ内容に大きな可能性を感じたのか、帰りの道中ではこれからの成果にワクワクしながら振り返りをしていました!選手の今後の成長に顧問もワクワクです。顧問は僭越ながらスタート動作の解説と簡単な指導をさせていただきました。プラスになる話ができたかはわかりませんが、速くなるためのヒントに対する飢えのようなものを感じ、選手達の速くなりたいという想いの強さに感動させてもらいました。そしてなにより練習が楽しくて楽しくて。練習に対するそんな姿勢も、我々にとっては新鮮でした。普段盛南で取り組んでいるトレーニングの中には、いまいち成果につながらずモヤモヤを感じながら行なっている種目が少なからずありました。山崎コーチが提案するプログラムは、そんな私のモヤモヤを吹き飛ばしてくれるものでした!本当にこれからの選手の変化が楽しみです。あっという間の3日間でした!また行きたいな〜新潟。

心のウォーミングアップ

体のウォーミングアップはどのチームも行っていますよね?でも、心のウォーミングアップはあまり行われていないのでは?放課後の部活動(火曜〜金曜、15:50~16:45)では、ミーティングの後は毎回サイキングアップを行ってからそれぞれの活動場所に移動していきます。この取り組みは1年程継続していますが、高妻 容一先生(東海大学教授)のメンタルトレーニング講習会を受講したことがきっかけです。ラグビーワールドカップで日本代表が南アフリカに勝利したあたりから、日本でもメンタルトレーナーの役割というのが注目されてきているように感じますが、高校生は心の姿勢が変わるだけで競技力も大きく変わってくることは多くの方が実感されたことがあるのではないでしょうか。そんなことを考えている折に高妻先生の講習会を受講できたことや、限定3枚のDVDを当時の部長がじゃんけんで獲得してきたことは本当に運が良かったなと思います。笑映像では部員がだんだんエキサイトしてきて、笑顔いっぱいの様子が見てとれると思います。これはヤラセではなく、毎日こんな感じです。笑トレーニングで大きな成果をあげるには、正しいフォームで、真剣に、追い込む。なんてことが重要視されると思いますが、何より熱中していることが大切なのだと思います。そして、熱中している時というのは楽しんでいる時に起こるのではないでしょうか。そのような楽しく、熱中して取り組める心の姿勢を作ることがサイキングアップの目的と捉えて継続しています。ただし、楽しむことの意味を履き違えてしまうと良くない方向に行ってしまいますので、そこは十分に指導しなければなりませんが。サイキングアップに取り組むようになってから、部員達は前向きにトレーニングに取り組むようになってきたと感じていますし、部員同士の心の繋がりも強くなってきたと思います。貴重な5分を費やすことに違和感を感じたりもしましたが、今では必要な5分間です。

県新人大会2日目

県新人大会2日目の結果を報告します。※4位入賞(東北新人出場)以上を紹介します。女子100m平泳ぎ第1位 浅沼蒼い(1年/ PAWSC)男子100m平泳ぎ第1位 宮輪太郎(2年/ 盛岡SS)第4位 川﨑聡悟(1年/ JSS盛岡)女子100m背泳ぎ第4位 西里春奈(1年/ JSS青山)男子200m自由形第4位 宮川星司(2年/ 花巻SF)男子100mバタフライ第2位 照井 尊(2年/ JSS北上)第4位 吉田真希(2年/ 盛岡SS)女子200m個人メドレー第2位 鷹羽璃乃(2年/ 盛岡SS)男子200m個人メドレー第2位 小田島颯(1年/ JSS盛岡 )女子50m自由形第2位 菊池采花(1年/ 花巻SF)男子50m自由形第1位 淀川泰誠(2年/ 花巻SF)女子400mリレー第1位 菊池・鷹羽・西里・吉水男子400mリレー第1位 照井・小田島・吉田・淀川団体女子優勝男子優勝今年も男女共優勝旗を獲得することができました。周囲のサポートの方々のおかげで力を存分に発揮することができました。今大会は接戦をものにするレースが多数ありました。我々はチームで戦っているという強みをいかしてくれましたし、そういった伝統をしっかりと受け継いでいるのだと感じました。チームとしての完成度はまずまずですが、同時期に行われている東北各県の新人大会を見る限りでは、まだまだ地力が足りません。もっともっと階段を駆け上っていくためにはどうしたら良いのか。今回見えてきた課題を元に考え、実践していこうと思います。引き続きご声援よろしくお願い申し上げます。

県新人初日

県新人大会1日目の結果を報告します。※4位入賞(東北新人出場)以上を紹介します。男子400m自由形 第4位 髙橋龍太(2年/ 花巻SF) 女子200m平泳ぎ 第2位 浅沼蒼い(1年/ PAWSC)男子200m平泳ぎ 第1位 宮川星司(2年/ 花巻SF)第2位 宮輪太郎(2年/ 盛岡SS)第3位 川﨑聡悟(1年/ JSS盛岡)女子200m背泳ぎ 第4位 西里春奈(1年/ JSS青山)男子200mバタフライ 第1位 照井 尊(2年/ JSS北上)第2位 吉田真希(2年/ 盛岡SS)女子400m個人メドレー 第2位 鷹羽璃乃(2年/ 盛岡SS)男子400m個人メドレー 第2位 小田島颯(1年/ JSS盛岡)女子100m自由形 第2位 菊池采花(1年/ 花巻SF)男子100m自由形 第1位 淀川泰誠(2年/ 花巻SF)女子400mメドレーリレー 第1位 西里・浅沼・鷹羽・菊池男子400mメドレーリレー 第1位 淀川・宮・吉田・照井今日は自己ベストを400mで10秒も更新する選手が出ました!他にも200mで8秒更新した選手もいます。こういった選手は確実に変化が見てとれます。シーズンが終わってから地道に努力を重ねた結果でしょうか。その他にもベストが多数出ています!今日はリレーにおける個人のタイムがイマイチでした。たくさんのチームメイトに支えられて出場しているわけですから、結果で恩返ししてほしいと思います。明日の400mフリーリレーに期待!